第1回 メンデルスゾーン基金・奨学生

指揮者:道端 大輝氏(Daiki Michihata)

 

1981年島根県生まれ。東京学芸大学大学院にて指揮を学び始め、同大学院を修了後、東京藝術大学音楽学部指揮科に入学。安宅賞を得て、2009年3月卒業。2010年秋からはベルリンに留学し、同地にて更なる研鑽を積む。これまでに指揮を小林研一郎、尾高忠明、高階正光、山本訓久の各氏に師事。その他、セミナーなどで小澤征爾、広上淳一、沼尻竜典、下野竜也、湯浅勇治、D・ポストック、J・ナジおよびクルト・マズーアの各氏に指導を受けた。

 

 

第2回 メンデルスゾーン基金・奨学生

指揮者:田尻 真高氏(Shinsuke Tajiri)

 

1984年岐阜県生まれ。東京音楽大学付属高等学校ピアノ科卒業。東京藝術大学音楽学部指揮科卒業。2009年クルト・マズーア・マスタークラスに参加。成績優秀者として修了コンサートにて指揮。東京藝術大学において2007年度の安宅賞受賞。指揮を小林研一郎氏、山田和樹氏に師事。

第3回 メンデルスゾーン基金・奨学生

指揮者:沖澤 のどか氏(Nodoka Okisawa)

 

 青森県出身。東京藝術大学音楽学部指揮科首席卒業。卒業時にアカンサス音楽賞、同声会賞を受賞し、新卒業生紹介演奏会に出演。同大学院音楽研究科指揮専攻修士課程修了。これまでに指揮を田中良和、松尾葉子、尾高忠明、高関健、クリスツィアン・エーヴァルトの各氏に、オペラ指揮をハンス・ディーター・バウム氏の師事。

 第19回アフィニス夏の音楽祭に指揮研究員として参加し、下野竜也氏の指導を受ける。井上道義、下野竜也両氏のマスタークラスを受講し、いずれも優秀者に選ばれ、それぞれオーケストラ・アンサンブル金沢、上野学園大学オーケストラを指揮。井上道義氏の推薦により2011年~2012年、オーケストラ・アンサンブル金沢指揮研究員を務める。

 ザルツブルク国際夏期講習会においてベーター・ギュルケ氏のマスタークラスを受講し、ディプロムを取得。優秀者に選ばれ、ザルツブルクチェンバーゾリステンを指揮。またヤルヴィ・サマーアカデミーに参加し、ネーメ・ヤルヴィ、レオニード・グリン、バーヴォ・ヤルヴィ各氏の指導を受け、演奏会に出演。

 これまでにオーケストラ・アンサンブル金沢、東京都交響楽団、藝大フィルハーモニア、多くのアマチュアオーケストラを指揮する他、オペラの分野においても活動の場を広げている。現在ハンス・アイスラー音楽大学ベルリン修士課程オーケストラ指揮専攻在学中。


What's New

メンデルスゾーン基金ホームページを引越ししました。2011.10.1

 

 

site visitors

カウンター